浦東新區、国際経済組織を月間活動で強化

Author:

上海浦東新区続いて世界経済の要塞としての地位を強化するため、国際経済機構を促進する1か月間の活動を主催しています。50の国際機関の公務員や代表者が、6月6日に浦東新区国際経済機構アクティビティ月の開会式のために前滩で集まりました。

イベントの一環として、中国経済情報サービス(CEIS)が、前滩地区が国際経済機関を引き付ける成功を強調したレポートを発表しました。このレポートは、これらの機関が地域経済の発展を推進する重要な役割を強調し、設定された支援政策や開発計画を概説しています。

開会式では、都市土地研究所や王立特許測量士協会などの6つの国際機関が、中国(上海)自由貿易試験区の博覧会運営部門と意向決定契約を締結しました。これは、浦東新区が提供する機会に対する関心と信頼が高まっていることを示しています。

国際機関のための前滩共同オフィスエリアは近年著しい成長を遂げています。2021年7月の設立以来、国際経済機関の数は120%増加し、2024年5月までに合計22に達しました。

浦東新区国際経済機構アクティビティ月では、世界中から業界の専門家を惹きつける一連の高レベルフォーラム、セミナー、交流活動が行われます。これらのイベントは、ネットワーキング、協力、知識共有の貴重な機会を提供します。

さらに、アジア太平洋の輸送資産保護協会アジア太平洋(TAPA APAC)のアジア太平洋加盟国会議や、グローバル展示会CEO上海サミット2024など、異なる業界に特化したさまざまな専門会議や活動が開催されます。これらの集まりは、国際経済機関間の協力を促進するだけでなく、上海が国際的なリソースや才能を惹きつけるプラットフォームとしても機能します。

浦東新区国際経済機構アクティビティ月は、地域の重要性とグローバル経済への影響力を示すだけでなく、国際経済機関の成長と成功を促進する環境を育んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です