新しい形態の労働者所有プランに向けての革新と進化

Author:

従業員所有における革新と進化というタイトルのパネルディスカッションが開催されます。このイベントは、アスペン研究所の経済機会プログラムとラトガース大学の従業員所有および利益共有研究所によって主催され、2024年4月10日にワシントンD.Cで開催されます。

このパネルディスカッションには、クリスティーン・アディ、クリス・クーパー、コーリー・ローゼン、アキリナ・ソリアノバーソザという業界のエキスパートが登壇します。このディスカッションでは、従業員所有におけるさまざまな戦略と進歩に焦点を当てます。

この分野で尊敬されるリーダーであるメアリー・ジョセフスは、従業員所有に関連する議論の一部であることを誇りに思っています。メアリーは30年近くの企業金融の経験を持ち、中小企業向けの数々の成功した資本戦略をアドバイスしてきました。また、アドバイザリーボードESCAやManson Construction、Performance Contractingの取締役など、組織にも関与しています。

2009年にメアリー・ジョセフスによって設立されたVerit Advisorsは、中小企業向けの投資銀行業務、ESOP(従業員株式所有計画)、キャピタルマーケット、M&A(合併・買収)、評価サービス、および取締役のアドバイザリーサービスに特化しています。同社は、誠実さ、チームワーク、サービス、イノベーションによって知られており、顧客にカスタマイズされたソリューションを提供しています。メアリーと彼女のチームは、ESOPの取引と中小企業の戦略的な選択肢においてエキスパートと見なされています。

このパネルディスカッションに興味を持った方は、提供されるリンクを利用してプレゼンテーションの録画を受け取ることができます。

Verit Advisorsは中小企業向けの投資銀行業界で活動しています。この業界では、同社はESOP(従業員株式所有計画)、キャピタルマーケット、M&A(合併・買収)、評価サービス、および取締役のアドバイザリーサービスなど、さまざまなサービスを提供しています。誠実さ、チームワーク、サービス、イノベーションに焦点を当てたVerit Advisorsは、中小企業向けに顧客にカスタマイズされたソリューションを提供しています。

従業員所有の市場は大きな成長を見せており、今後も拡大が予想されています。市場予測によると、2025年までにグローバルな従業員所有市場は900億ドルの価値に達し、予測期間2020年から2025年にかけてのCAGR(複合年間成長率)は6.7%となるとされています。この成長は、従業員所有の利益の増加に関する認識の向上、従業員の関与と定着の強化への熱望、会社と従業員の両方にとっての税制上の利点などの要因によって推進されています。

ただし、従業員所有業界はいくつかの課題や問題に直面しています。その1つは、企業や従業員の間での従業員所有の認識と理解の不足です。多くの企業は従業員所有の潜在的な利点について知らない可能性があり、またはその実施方法に誤解を抱いている場合もあります。

もう1つの問題は、従業員所有計画の設定と管理に伴う複雑さです。例えば、ESOPの導入には慎重な計画立案と法的・規制上の要件の遵守が必要です。企業は評価、ガバナンス構造、従業員への情報提供、税務上の影響などの要素を考慮する必要があります。

従業員所有業界の最新動向やトレンドについての情報を得るためには、興味のある方は従業員所有アイデアフォーラム2024のパネルディスカッションの録画を受け取るためにサインアップすることができます。この録画には、従業員所有の革新と進化に関する業界のエキスパートからの貴重な知見が提供されます。

従業員所有に関するさらなる情報やリソースについては、www.verit.comでVerit Advisorsのウェブサイトを訪れることができます。このウェブサイトでは、関連記事、事例研究、教材などへのアクセスが提供されており、従業員所有業界とその潜在的な利点についてより深く理解するのに役立ちます。

よくある質問:

Q: 従業員所有の市場はどのくらい成長しているのですか?
A: 市場予測によると、2025年までにグローバルな従業員所有市場は900億ドルの価値に達し、予測期間2020年から2025年にかけてのCAGR(複合年間成長率)は6.7%となるとされています。

Q: 従業員所有の利点は何ですか?
A: 従業員所有の利点には、従業員の関与と定着の増加、企業と従業員の両方にとっての税制上の利点などがあります。

Q: 従業員所有計画の設定には何が必要ですか?
A: 従業員所有計画の設定には慎重な計画立案と法的・規制上の要件の遵守が必要です。企業は評価、ガバナンス構造、従業員への情報提供、税務上の影響などの要素を考慮する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です